不動産管理紹介

不動産管理とは、すでに住宅や土地を所有し貸している方、自己所有物件をもっているが、これから貸そうとしている方などを対象とした、物件の一元管理をする事です。
自己所有の不動産を他人に貸して収益を上げようとする行為は、ごく自然なことであり、堅実な収入確保の第一歩です。
しかし、賃貸借契約をはじめ、不動産経営にはいくつもの法律・条例などの壁が存在します。
又、場合によっては様々なトラブルに巻き込まれ、不動産経営から手を引かなければいけない状況になる事もあります。そのような問題は、様々な知識と経験が豊富ではないと、自分自身で解決するには難しいのです。
ここでは「不動産はその道のプロに任せるべき」という前提で、お話をさせていただきます。

不動産管理

コマーシャルなどを行っている規模が大きい会社に任せると安心だ!と思われる方も多いと思いますが、注意しなければならないのは「広く・浅く」のスタイルで業務を行っている会社も少なくはありません。その物件の地域の事を理解している人がいなければ5年10年後、必ず様々な問題が起きてくると考えられます。
地域に根付いている不動産会社も多くありませんが中には世の中の動向・情勢・新法についていけない会社もありますので、これもまた入居者募集管理に様々な支障がでる可能性もあります。
20年30年後を考え様々な角度から考え不動産会社を選ばなければ安心した不動産経営が出来なくなる可能性もあるので良く考えましょう。

不動産管理会社

なぜ不動産を「管理」しなければいけないのでしょうか。それは不動産は「有限」であるからです。
建物には耐用年数というものがあり、どんなに丈夫に作っても、いつか必ず限界が来るのです。
では、その限りある時間の中でどのように収益をあげていくか。 限りある時間をどのように伸ばすのか。
それが不動産を「管理」する1番のテーマなのです。オーナー様ご自身で管理が出来るのならば、それが1番良いでしょう。
毎月の管理委託料もかかりませんし、何よりも自分自身で行う管理ですから、自分の希望通りの管理が出来ます。
しかしそれは時間の余裕があり、不動産関連の法的知識を持ち、様々なトラブルに対応できる限られたオーナー様だけでしょう。そこで登場するのが「不動産管理会社」です。
誰もが考える「毎月の賃料収入が指定の口座に振り込まれ、面倒な事は全て管理会社が対応」。それを可能にするのが「不動産管理会社」です。

オーナー様の収益向上に全力で尽くす事を目標としています

入居者管理は、賃料や募集計画について検討し、入居者募集、賃貸借契約の締結などを行ないます。
更に家賃の徴収、メンテナンス費用となる共益費の管理、入居者や周辺住民からの騒音やゴミ処理などに関するクレーム対応、契約の更新手続き、退去時の立ち会いや敷金返還、清掃やリフォームによる建物の性能や美観の維持などをこなします。
これらの業務を『管理のプロ』に委託する事により、オーナー様は家賃の滞納や各種のクレームから回避され、トラブルの少ない賃貸経営が可能となるわけです。
貸住宅の経営が難しい時代になりました。『難しい』と言うよりは顧客志向の経営と、貸し手中心の経営では、大きな差がでる時代になったと言えるでしょう。
そんな時代を乗り切るためには、「オーナー様の収益向上に全力で尽くす」事を目的とし、そのために必要な専門的ノウハウを積み上げた、弊社を【パートナー】として考えてみて下さい。

管理業務内容

  • 住宅・建物管理
  • 月極駐車場管理
  • 家賃清算業務
  • 入居立会い業務
  • 原状回復工事
  • 定期保守点検
  • 家賃のあっせん業務
  • その他
信頼の不動産仲介

損害保険代理店業務

あいおい損保ロゴ 弊社ではあいおい損保株式会社の代理店として各種損害保険商品を取扱っております

ALSOK代理店業務

ALSOKロゴ 弊社では、ALSOK(綜合警備保障株式会社)の代理店として防犯設備に関する御提案から施工まで一貫したサービスを行っています。

不動産管理についてのお問合せ G's GRANDのご紹介

ページのトップへ