会社概要

営業品目

建築工事一式
型枠工事一式
リフォーム工事一式
リノベーション事業
外構工事一式
飲食業
不動産事業

会社概要

商号 株式会社谷口実業(英名:Taniguchi Jitsugyo Co.)
本社所在地 東京都八王子市川口町1541-3 >> MAP
建築工事部 東京都立川市柴崎町6-17-7 谷口実業第9ビル2階
創立 平成7年1月10日
資本金 2,000万円
代表取締役 谷口和則
主要取引銀行 西武信用金庫・みずほ銀行・青梅信用金庫・きらぼし銀行・東日本銀行・群馬銀行・多摩信用金庫・ゆうちょ銀行
建設許可番号 東京都知事許可(特-29)第 147671号 建築工事業
社員数 46名 平成31年4月現在
職人数 135名 ※専属職人のみ
主要取引先
株式会社サジェスト
寄居建設株式会社
松井建設株式会社
株式会社フィード
TSUCHIYA株式会社
株式会社カシワバラ・グラウンド
新日本建設株式会社
スターツCAM株式会社
東レ建設株式会社
白石建設株式会社
五十嵐建設株式会社
株式会社小川建設
日本建設株式会社
株式会社英知建物
中川企画建設株式会社
東日本住宅株式会社
株式会社松村組
三井ホーム株式会社
東京ビジネスサービス株式会社
株式会社ヴェリタス・インベストメント
株式会社ホーユーコーポレーション
株式会社多摩建設
FANTAStechnology株式会社
他、20余社
不動産部 株式会社 谷口ハウジング
東京都八王子市追分町7-11
飲食部 ZIN-GIS環 八王子店
東京都八王子市寺町51-2 志賀屋ビル2階

アクセス

株式会社谷口実業 <本社・型枠工事部>

〒193-0801 東京都八王子市川口町1541-3
TEL:042-659-8611
FAX:042-659-8610


交通案内

八王子駅から向かって秋川街道の榎木の信号を左折し、坂を下りた突き当たりの右側です。

<建築工事部>

〒190-0023 東京都立川市柴崎町6−17−7
谷口実業第9ビル201 TEL:042-548-3371
FAX:042-548-3372


交通案内

1. JR立川駅から徒歩15分
2. 多摩都市モノレール 柴崎体育館駅より徒歩5分

<飲食部>

〒192-0073 東京都八王子市寺町51-2志賀屋ビル2階
TEL・FAX:042-626-0800

交通案内

JR八王子駅北口より徒歩7分


駐車場

お食事の金額により店舗近くのトーワパーキングの割引券をサービスいたします。(1グループ様1台)

グループ全体売上実績(設立からの売上表)

グループ経歴(設立からの経歴表)

平成7年度 型枠工事として、山下建設株式会社、有限会社高田工務店の二次下請け・手間請負としてスタート。
賃貸アパートの一室を事務所として、八王子楢原町に設置する。
年商3600万円
平成8年度 八王子市城山町に置場を借りて、材工一式とする型枠工事部の取引先に、株式会社熊谷組の子会社、株式会社新躯体工事が加わり、前年度に引続き二次下請けとして業務拡大。
平成8年5月14日個人事業主から有限会社へ改組。
年商6,700万円
平成9年度 新社屋を建築し、本社を八王子市楢原町 (賃貸アパート)からみつい台に移転する。
職人の意識改革にて「職長会」を発足。
前年度に引き続き取引先に、株式会社木村工業が加わり、二次下請けにて業務拡大。
年商7,800万円
平成10年度 寮を八王子市暁町に設立。
前年度に引き続き二次下請けにて業務拡大。
年商1億2,000万円
平成11年度 資材の増加により、大島町に300坪の土地を借りて置場を城山町から大島へ移動する。
受注先に株式会社浅沼組が加わり、一次下請け及び、前年度に引き続き二次下請けにて業務拡大。
年商1億7,000万円
平成12年度 型枠工事部の取引先に、株式会社小川建設が加わり、前年度に引き続き業務拡大。
業務拡大に伴い、八王子市追分町に事務所としてマンションを購入し、事務所機能を移転する。
年商2億1,000万円
平成13年度 八王子市追分町に社員寮を設置。
前年度に引き続き業務拡大
年商5億2,000万円
平成14年度 受注先に松井建設株式会社、大日本土木株式会社が加わり、前年度に引き続き業務拡大。
年商5億5,000万円
平成15年度 業務拡大に伴う職人の増員を図る為、八王子市楢原町に200坪の土地を購入し社員寮と事務所を建築。
事務所を追分町から楢原町に移転。
意志統一を図る目的で、下請け会の称号を職長会から実業会と称号変更し、末端の職人までを会員とする。
職長会は実業会の中にそのまま残し、親方の会とする。
受注先に、菊池建設株式会社が加わり、前年度に引き続き業務拡大
年商6億円
平成16年度 資材の増加により、八王子市犬目町に280坪の土地を借りて、資材置場と加工場を二分化し、資材管理を分散する。
商号を相模原市大島町の置場を第一資材センターとし、パイプ・サポート・金物類を管理。
犬目町の置場を第二資材センターとし、主に木類関係及び加工材を管理する。
有限会社谷口実業から株式会社谷口実業へ商号を変更する。
受注先に株式会社志多組、寄居建設株式会社が加わり、前年度に引き続き業務拡大。
年商7億円
平成17年度 型枠工事部の取引先に、白石建設株式会社 (三鷹市)、寄居建設株式会社、扶桑建設株式会社、今井産業株式会社、株式会社GCMコーポレーションが加わり、前年度に引き続き業務拡大。
中国人研修生を受け入れる。
年商11億円
平成18年度 型枠工事部の取引先に、スターツCAM株式会社、南海辰村建設株式会社が加わり、前年度に引き続き業務拡大。
職人の増員を計る為、八王子市元八王子町に社員寮を購入する。
中国人研修生を受け入れる。
年商12億円
平成19年度 型枠工事部の取引先に、株式会社富士工、三友建設株式会社、住協建設株式会社が加わり、前年度に引き続き業務拡大。
リフォーム工事の受注を増すことを視野に、タウンページにリフォーム事業、エクステリア事業の宣伝広告を開始。
飲食部の立ち上げに伴い、2月に焼肉店「ZINGIS環 八王子店」をオープン。
8月にZINGIS環の2号店として、羽村市小作駅前にオープンする。
中国人研修生を受け入れる。
年商15億円
平成20年度 サムプライム問題に伴い、金融市場の混乱、不動産地価の低迷、各デベロッパー、各ゼネコンが倒産する。
仕事が減少する事を見込み、受注から創注(作り込み)の作業をする為、11月に不動産部として「株式会社谷口ハウジング」をグループ会社として八王子市楢原町に設立する。
業務拡大に伴い、資本金を1000万円から2000万円に増資する。
中国人研修生を受け入れる。
受注先に、五十嵐建設工業株式会社、住協建設株式会社が加わり、前年度に引き続き業務拡大
年商15億円
平成21年度 
型枠工事部の取引先に、五十嵐建設工業株式会社が加わり、前年度に引き続き業務拡大。
建築工事部の取引先に、株式会社中川企画建設、株式会社イチケンが加わり業務拡大。
特定建設業を取得し、総合建設業をスタート。
創注業務の業務拡大に伴い、リフォーム工事のみだけではなく、ビル、マンション、住宅と大きな分野で営業を始める。
7月、西多摩郡日の出町で、RC+木造の住宅を受注。翌月の8月には株式会社谷口実業の代表所有の土地に6階建てのデザイナーズマンションを計画。
不動産として、八王子市楢原町に189坪の土地を購入し、本社ビルテナント+ワンルーム24戸の賃貸マンションを計画するが、計画地前のダイエーの撤退と共に計画を中止する。
高尾駅前に50坪の土地を購入し賃貸マンション(G’s GRAND)を自社施工にて建築する。
埼玉県新座市に340 坪の土地と共同住宅を購入し、建築計画を始める。
年商13億円
平成22年度 型枠工事部の取引先に、東レ建設株式会社が加わり、前年度に引き続き業務拡大。
従来の建築実績を活かし、分譲マンション仕様の自社ブランドマンションシリーズ〈G’s GRAND〉を立ち上げる。
高尾駅前に「G’s GRAND高尾」が完成する。
年商12億円
平成23年度 型枠工事部の取引先に、新日本建設株式会社、第一建設株式会社が加わり、前年度に引き続き業務拡大。
建築工事部の取引先に、株式会社長友が加わり、前年度に引き続き業務拡大。
東日本大震災復興義援金を送金する。
G’s GRAND高尾が満室御礼となる。
年商12億1,200万円
平成24年度 型枠工事部の取引先に、株式会社松村組が加わり、前年度に引き続き業務拡大。
建築工事部の取引先に、株式会社サジェスト、株式会社アドバンテージが加わり、前年度に引き続き業務拡大。
年商16億9,100万円
平成25年度 型枠工事部の取引先に、奈良建設株式会社、高松建設株式会社が加わり、前年度に引き続き業務拡大。
建築工事部の取引先に、三井ホーム株式会社が加わり、前年度に引き続き業務拡大。
立川市柴崎町に建築工事部事務所ビルを購入する。
年商20億4,800万円
平成26年度 型枠工事部の取引先に、大成建設株式会社、白石建設株式会社(杉並区)が加わり、前年度に引き続き業務拡大。
自社ブランドマンションシリーズ〈G’s GRAND〉を杉並区和泉、渋谷区上原に計画する。
年商34億8,300万円
平成27年度 型枠工事部の取引先に、TSUCHIYA株式会社が加わり、前年度に引き続き業務拡大。
株式会社谷口ハウジング代表取締役に谷口和輝が就任。
株式会社谷口実業本社を八王子市川口町に建築し、楢原町より移転する。
型枠工事部の資材センターを八王子市犬目町より川口町へ移し、効率化を図る。
同敷地内に加工センターを計画し、材料及び加工手間の効率化を図る。
更に同敷地内の残余地の有効活用として北側に40床のサ高住を計画する。
「G’s GRAND 永福町」、「G’s GRAND 代々木上原」の建築から販売までを1つの事業とし、デベロップメント事業を開始する。
ベトナム人技能実習生の受入を開始する。
年商42億8,300万円
平成28年度~ 小平市学園東町に貸店舗及び共同住宅を購入。(建物:3,055m2、土地:611.12m2
上北沢に土地を購入し(166.26m2)、学生マンション及びモデルルームを計画。1階部を健康マンションモデルルーム、地上階部を学生マンションとして賃貸中。
熱海に保養所(海の家)として物件を購入。(建物:255.88m2、土地:171.50m2
八王子市寺町に賃貸用マンションを購入。(建物:50.21m2
千駄木に土地を購入し、33戸の分譲マンションを建築。令和2年1月より販売開始。
新宿3丁目にテナントビルを購入する。
資材置場材料上部に資材の品質向上の為、雨よけの屋根及び資材の棚を設置し資材管理する。
前年度に引き続き業務拡大